【日高沙流川オートキャンプ場】水遊びやアスレチックで楽しもう!子供に嬉しい大人気キャンプ場を紹介!

こんにちは!ファミリーキャンプ大好きサチです!

サチ

お盆休みに、毎年行きたい行きたいと思ってなかなか行けずにいた、日高沙流川オートキャンプ場を訪れました!

日高沙流川オートキャンプ場は去年の夏休みも予約していたんですが雨のためキャンセルしていたし、とにかくどのブログを読んでも評判が良かったので、期待値マックスで出掛けました。

ただ、2泊の予定でしたが2日目の午後からは雨予報で、夫は出発前から「天気予報変わらなかったら1泊しかしないからね~」と(T_T)

そんな期待と天候への不安を胸に行ってきたキャンプ場レポです!場内の様子もレポしてるので、ぜひ最後までお付き合いください!

====================
ブログを書くモチベーションアップのために
ランキングボタンを押してくれると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

札幌中心部から道東道経由で1時間半~2時間。

占冠ICを降りて日高町中心部に向かい、中心部を抜けてすぐにあります。

高速道路を下りてから街の中を通るので、買い出しに苦労することはありません。

道の駅もありますし、道の駅に隣接するセイコーマートはキャンプ場利用客の需要があるのか、焼き肉用の食品やキャンプ道具がずらり!

道の駅では焼き鳥やかき氷の販売もあり、キャンプ場からは徒歩でも15~20分で行けそうな距離ですので、利便性ばっちりです\(^o^)/

予約方法

予約は電話のみです。
受付時間 9:00~17:00(午前中は清掃などで不在にしていることが多いそう)

受付電話番号 01457-6-2922
知っての通りの大人気キャンプ場なので、特に7月8月の週末は早めに予約をしておくのが正解です!

とは言っても、収容人数がかなり多いので、電話が込み合う予約受付初日に無理せず電話しなくても、きちんとお盆の電源サイトの予約も取れたので、落ち着いて行動してOKだと思います!!

その他

2020年度現在はコロナ対策として、以前までとは変わった対応をしている部分もあるので、必ず公式サイトでご確認の上利用しましょう!

公式サイト ⇒ 日高沙流川オートキャンプ場(日高町)

日高沙流川オートキャンプ場は敷地がとても広いので、自分のサイトから管理棟に行くのにも結構な時間がかかります。

そのため、色んな情報が場内放送で流れるので、注意して聞いておきたいですね!

日高沙流川オートキャンプ場の設備など

管理棟

可愛いトンガリ屋根の管理棟。



売店は併設されておらず、薪だけが売られていました。

繁忙期には場内に移動販売所的なのが来るらしいのですが、今回は遭遇することはありませんでした。残念!

トイレ

オートサイトの女子トイレ。洋式2、和式2でした。

フリーサイトにあるトイレはもっと広くて、倍位の個室があったように思われます。

トイレには扉もあり、夜間も虫に悩まされることなく利用出来ました。

特別綺麗というわけではありませんが、普通のキャンプ場の普通のトイレで、入り口に扉があるというだけで満足です。

炊事場

古くはありますが、普通の炊事場です。

2020年度はコロナ対策で一つおきに『✗』の印があり、利用できないようになっていました!

クリーンステーション

ペットボトル、瓶、発泡スチロール以外のゴミを受け入れてもらえます。

どんな袋でもOKで、各自クリーンステーションに捨てていくスタイルです。

焼き網なども引き取ってくれるので、これはとても助かりますね!コロナ関係でゴミの受け入れも中止しているキャンプ場も多い中、ありがたかったです✨✨

 

炭捨場は各所に置かれていました。

 

1泊2日のキャンプ日記

天気を心配しながらの出発

事前の天気予報は今年も雨予報。

お盆休みって最近毎年雨予報な気がします。

夫は最初から「雨が降るようなら1泊しかしないから!」と言っていたので、私も今回は1泊かな~?と覚悟しての出発でした!

相変わらず荷物が多い…これなんとか軽量化したいと考えているんだけど、夫がだんだんと積み込みマスターになってきていて、割と良い感じにいつも積んでくれるので助かっています!


でもさぁ、置いていくものなんてないんだよなぁ~、、、むしろ寒くなったらここにストーブ積みたいし、いつも言ってるけど本当はハンモックも積みたい!!

 

ちなみにハンモックは自立式のが重くて持っていくのに難色示されちゃうので、今回気にくくるタイプのやつ買いました!

秋のキャンプには持って行きたいなぁと思います\(^o^)/

 

センスが悪いのはわかっています…💦

でも、子供が無茶苦茶に遊ぶからハンモックべルトは無骨なものでも頑丈のほうが良いだろうし、ハンモックは布のほうが夏場は良いかな、と、値段と折り合いつけながら探すとこうなりました。


このあといつものようにコープで買い出しをして、高速でGO!

初日の天気は全道的に晴れで、本当に良い天気だったので運転もとても楽しかったです。

サイトの狭さにショック!

まずは管理棟で受付をします。

コロナ対策で整理券を配って少人数で受付をしていると聞いていましたが、私が到着した13時過ぎには行列はなく、すんなりとチェックインできました。

今回はオートサイトB(電源付)サイトを予約していました!

当日分のサイト代金と入場料金を払います。今回は我が家は1泊3,300円也。

 

一つ注意されたのは温泉のこと。

キャンプ場近くに日帰り入浴ができるひだか高原荘があるのですが、そちらは現在コロナ対策で人数制限をしており、一応受付終了は19時半になっていますが、なんと昨日は17時には日帰り入浴の受付を終了したそうで、今日は15時位には終了しちゃうかも~とのことでした。



この日は結局温泉には行かなかったので、実際に何時でに日帰り入浴が終了したのか不明です💦

 

さて、チェックイン終了後、管理棟横の駐車場から進むと、大きなドックラン、

 

ペット可のオートサイトCが有り…

 

道が狭くて交差するのがきついので要注意です!

オートサイトAを抜けると、オートサイトBです!

うちは電源付きの61番…61番………

 

ん?

事前の調べでは「サイトがとても広くて素晴らしい!」とあったのでものすごく期待していたんですが、、、

なんじゃこりゃーーーーーー!!

めっちゃくちゃ狭いです!!!!!

何も考えずにカマボコとチーズタープを持ってきたので、タープを張るのにかなり苦戦しました💦💦

写真だと分かりづらいですが、テントは端っこに立ってて、段差があり、ガイロープのペグは斜面に打ってます。

チーズタープも反対側はロープを張るスペースがなく、めっちゃかわいそうな感じになってます💦

 

周りを見渡せば、こんなに狭いのはどうもB61とB63のみ

B63。狭い。。。

 

 

こちらはB62。こっちならまだ余裕だったなぁ…



 

B64サイトではカマボコテント、カマボコから独立してのチーズタープ、それにスクリーンタープまで張ってもまだ広々しています。

テントを張り終えて、夫と子供達を見送ったあとに、ひとりでタープを張るのに四苦八苦しながら、泣きそうになりました(T_T)

 

どうすればよかったんだろう?と今でも思います。

電話で、少し大きめのテントなんです、と申告すればよかったのかな?

他のブログで仕入れた情報だけで、つい「沙流川はどこのサイトもめっちゃ広い」と思い込んでしまったのが悪かったんだと思います。

きちんと自分で確認しないと駄目だな~と反省しました

 

電源。受付で鍵を渡されます。

 

電源なしのオートサイトB。

場所選びさえ間違えなければ雰囲気良さそうでした。

こちらは池からオートサイトBを撮影。

 

こちらはトイレあたりから撮影。

場内は子供の遊び場がいっぱい!

一応サイトが完成した頃に、子供達が大騒ぎで戻ってきます。

長男のクロックスが川に流されてしまったとのこと(-_-;)

あちゃ~、川遊び用のかかとのあるサンダルに履き替えないで遊んでいたようで、片方だけ下流に流されてしまいました。

夫も「追いかけようと思ったんだけど無理だった」と。。。まぁ川では無理は禁物なのでしょうがない!

 

川は電源サイト裏から獣道で下っていく感じです。

 


川に出ると河原はなく、そのまま川に突っ込む形になっており非常に危険だと感じました。



それでもたくさんの子供達が遅くまで遊んでいましたよ~!



本格的な釣りもできるようで、朝早くに釣り竿を持ったお父さんが川から上がってくる姿を何度か目撃しました。

きっと早朝から釣りに出て、その頃に戻ってきたんだろうな~。

 

サンダル流され事件以来、川遊びは誘っても絶対に行かなくなった子供達と、今度はじゃぶじゃぶ池に遊びに行きます。



ここは水もきれいだし、とても浅いので、安心して遊ばせておけます。

本来なら小学校入学前くらいのお友達が遊ぶくらい?のイメージでしょうか?


そして、フリーサイト横のアスレチックも。



オートサイト側から行くと、管理等に向かって登っていく感じです。

 

電源サイトからだと、オートサイトB33の横を抜けていくルートが近いです。



B33は見たところサイトもあまり広くないし、サイト内は当然横切る人はいないと思いますが、サイトの横を歩く子供も多いし、こちらも避けたいところだなぁと思ってしまいました。

 

アスレチックではたくさんの子供が遊んでいます。

想像していたよりも立派なアスレチックで、うちの子供達も滞在中何度も遊びに来ていましたよ。



管理棟横にも小さな遊具があります。



このジャングルジム的なのはかなり頑丈で、小学生の長男も面白がって遊んでいました。

こちらの遊具を見渡せるバンガロー群とフリーサイト。

フリーサイトは何ヶ所かに分かれていました。

予約無しで受け入れてもらえますが、繁忙期はかなり争奪戦が激しいようですね💦

バイカーの皆さんはテント横の芝生にバイクを駐車していました!これは嬉しいですね!

夜は花火に焚き火

暗くなってくると、花火の時間です。

夫が子供達を連れて花火に行ってくれました。

花火は管理棟横の指定場所で、音の出る花火や打ち上げ花火は禁止です。

でもね、オートサイトから管理棟までかなり距離があるからか、かなり多くの方がサイトで花火をしていました。

「知っててやってる」のか「知らないでやってる」のかわかりません。

キャンプをやってると、花火ができるできない、指定場所があるないって、割とそのキャンプ場ごとにルールがあるものだから気を付けておくポイントだな~って私は個人的に思っていたので、結構ショックでしたね。


うちの目の前のサイトの方には、声をかけました。

だって、わざわざ遠くの指定場所までルールを守って花火をしに行っている小さな我が家の子供達が、サイトに帰ってきたら目の前の道路で高校生が花火してたら「なんで?」ってなりますでしょ?

その時子供達になんて言えばいい?もちろんその時はその時で言い方はあるんだとは思うけど、でも、あの時は花火をしているご家族に声をかけて、指定場所に促すのが一番良いと思ったんだよなぁ…

だけどその後、あちこちで花火を(芝生の上でも)平気でやってる家族やグループの多いこと多いこと…キャンプ場の規模が大きのもあって、これまでのキャンプでもルール守らずそのへんで花火やったり禁止されてる焚き火や打ち上げ花火やったりっていうのも見てきたけど、ルール違反のサイトで花火やることがここまで平常化されているキャンプ場は初めてでしたね。

それを見て「余計なこと言わなきゃ良かった」と猛省しました💦夫にも「言わなくてもいいのに」って言われちゃいましたし。

 

まぁそれは良いとして、恒例の焚き火です。



今回も薪はキャンプ場で購入しました。



管理棟で大と小が販売されていたので、大をお買い上げ~。

私が上手く炎を出せないでいると、夫が変わってくれて、良い感じの焚き火ができました!なんでも器用にやるんだよなぁ~悔しい!!

焚き火している時間は本当に楽しいな~。。。

新しい焚き火台、このシーズンが終わったら絶対買うんだ!✨✨

撤収~平取温泉~帰宅

翌朝、朝から天気予報とレーダーとをにらめっこしていた夫が、お昼には雨になる!と宣言し、結局2泊の予定を1泊に切り上げて撤収することになりました。

私もなんとなくテンション上がらずだったので、もう1泊したいとは思ったけど、素直に帰ることに~。

驚いたのは、お盆時期だったのに、連泊していく人が少なかったこと!

全体の半分?6割?もっとかな?は連泊せずに撤収していきました。

うちのお向かいも隣もチェックアウトして行き…うちもその日の精算(連泊でも精算はその日ごとなスタイルでした)を済ませてぼちぼちと撤収をし、結局キャンプ場を出たのは13時過ぎでした。

連泊料金を払ったのでもっとゆっくりしたかったけど、ほんとに雨が来そうだったのでしょうがなーい、管理棟でも「本当に良いんですか?」って言われながら、キャンプ場を後にしました。

 

キャンプ場から向かった先は、平取温泉ゆからの中にある、平取牛の直売所!



15日~16日は札幌は雨ではないということだったんで、家で焼き肉をしよう!と言うことで、ここまでやって来ました~\(^o^)/

平取温泉、はじめて来たけどめちゃ混んでましたね。

温泉に入らなくても、レストランや直売所に行けます。

 

そして、温泉の隣にはキャンプ場もあります!

ここ、キャンプ場内には遊具はないんですが、キャンプ場隣の公園に多少の遊具がありました。



温泉にはクワガタやカブトムシが飼われていて、平取町で捕れたものだとか!!

こ、これは…来年のクワガタ捕獲キャンプ旅の候補の一つに躍り出ました笑

 

平取からは、日高道を利用して札幌へ帰ります。

帰りのドライブもなかなか楽しかったな~。

帰宅してからもまだ休みが続くっていうのも普段の週末キャンプより気楽なところ✨✨

残念ながら2泊の予定が1泊にはなってしまったけど、楽しいお盆キャンプになったと思います♡

まとめ

天候やサイトの狭さから、全力で盛り上がれはしなかったのものの、川あり、池あり、アスレチックありで、子供達は大はしゃぎして楽しんでいました!

子供も多く、にぎやかな印象でしたが、サイトによってはしっとりとした雰囲気で過ごせる場所もあり、超絶ハイシーズンでなければどんな層のキャンパーさんにとっても最高な環境なのではないでしょうか?

ただ、道路の幅が狭く、道路を挟んでお向かいさんとはそんなに距離がない印象でした。

日高沙流川オートキャンプ場は「とにかくサイトが広い!」と言われているけど、盲目にそれを信じちゃ駄目だな~という教訓を得た今回のキャンプでしたね💦

サチ

少し不完全燃焼なとこもあるので、コロナが落ち着いて、温泉も通常営業、キャンプ場でも自転車に乗れたり普通にできるようになったら、ぜひもう一度訪れてみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です