北海道のキャンプ場一覧はこちら

【南茅部河川公園】綺麗な小川が流れる温泉至近のこじんまりした無料キャンプ場!北海道唯一の国宝も見られる!

こんにちは!ファミリーキャンプが大好きな子連れキャンパーのサチ(@campinghokkaido)です!

今回は、函館の旧南茅部町にある、南茅部河川公園を紹介します。

サチ
サチ

無料キャンプ場だけに設備はほぼほぼ無い状態だったけど、それが逆に新鮮でした!

ほとんど情報のないキャンプ場なので、周辺情報を含め今回は詳しく解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください!

====================
ブログを書くモチベーションアップのために
ランキングボタンを押してくれると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

キャンプ場の概要

南茅部河川公園は、函館市街から川汲峠を越えて1時間あまり。お世辞にも交通の便が良いとは言えない立地に加え、全体としてはどこにでもある普通の公園の芝生上にキャンプするスタイルです。


しかしながら、至近に温泉施設があり、ほんの少し足を延ばせば秘湯もあり、そして時には熊も出没する大自然に囲まれたキャンプ場で、長期休暇中は狭い公園内がテントで埋め尽くされる人気だそうです。

公式サイト

南茅部河川公園

公式サイト親切度 ★☆☆☆
公式サイトと呼べるようなものではありませんが、基本的な情報は多少得られます。

所在

〒041-1621 北海道函館市豊崎町394−2

アクセスと立ち寄り情報


札幌方面からですと、高速道路を森ICで降り、国道278号線を鹿部町経由で南下し、ホテルひろめ荘の看板のある交差点を右折します。寄り道をせずに行けば札幌市内より4時間半ほどの道のりです。

函館方面からですと、函館南茅部町線を旧南茅部町方面へ、川汲峠を越えて1時間ほどです。

キャンプ場から車で10分ほどの函館市南茅部支所周辺に、コンビニ、ドラッグストア、ホームセンターが点在していますので、ちょっとした買い物に不便はありません。

ただ、生鮮食品を多く扱っている大きなスーパーはありませんので、あらかじめ用意するか到着するまでの道中で買い物を済ませておいた方が良いと思います。

札幌方面からだと森町のホクレンショップ、函館方面からだとフレスポ函館戸倉がおすすめです!

ホクレンショップ 森店

フレスポ函館戸倉

フレスポ函館戸倉には公式サイトがありませんが、スーパーのアークス、ホーマック、100円ショップ、ドラッグストア、飲食店などがある複合施設で、なんでも揃いますよ!

予約方法

予約不要

料金体系

無料

開設時期と時間

開設時期は公式サイトでは4月下旬~11月下旬となっていますが、トイレ等の使用を考えなければ通年テントは張ることができるようです。管理人がいませんので、時間についての規制もありません。

設備とルール

こちらでは南茅部河川公園の設備やサイト状況、併せてそれぞれのルールなどの情報を紹介します。

全体図

山深いですが、すぐそばに温泉施設の明かりが見えるので、そんなに寂しくはありません。小川と道路に挟まれています。

トイレ

男女共和式のみですが、車椅子用のトイレは洋式なので、小さなお子さんはこちらを利用することができるので便利です。

女子トイレ。個室はふたつです。

男子トイレ、外から丸見えでした…。個室もひとつあります。

車椅子用トイレ。

全体的にはトイレットペーパーもあり、思ったより綺麗に掃除されてるな、という印象でした。無料ということで酷いのを想像していたので…。

炊事場

駐車場を挟んで左右に1箇所づつあります。特別綺麗なわけではありませんが、こちらもしっかり清掃されている印象です。

温泉側の炊事場には広い食事スペース?もあります。

テントサイト

駐車場から見て海側は芝生、温泉側は芝生が剥げてしまって地面が露出している状態です。

温泉側。こちら側にトイレがあります。

海側のサイト。状態はともかく、芝生です。奥に炊事場が見えています。

駐車場

場所によってはオートサイト感覚で利用できます。サイトの広さに対して駐車場の広さも十分ではないでしょうか。

その他ルール

管理棟がありますが、管理人が駐在しているわけではなく設備もありません。

  • ごみはすべて持ち帰り
  • 直火禁止
  • 炭も完全に消火して持ち帰り

現地には以上の注意書きがありました。

キャンプ場の周辺

こちらでは南茅部河川公園の周辺情報を紹介します。

臼尻漁港

キャンプ場から車で10分ほどにある漁港です。海釣りでも人気で、弁天岬側では小さな子供でも気軽に磯遊びができます。

ホテル函館ひろめ荘

日帰り入浴も楽しめる、源泉かけ流しのお湯が魅力の温泉ホテルです。広い休憩所もあり、軽食コーナーもあってゆったりくつろげます。

レストランも併設されているので、夜は簡単に過ごしたいときには、温泉に入って夕食を食べてテントに戻って寝るだけ~も可能です。レストランは週末はランチ営業もしていますよ!

休憩所とゲームコーナー。

なぜかトレーニングルームもあります。

日帰り温泉

大人450円
小学生200円
小学生未満100円

営業時間は10時から21時まで(受付は20時30分まで)

シャンプー、石鹸等の備え付けがあり、女性浴場の脱衣所にはケア用品もありました。

軽食コーナー

休憩所の向かいにあり、休憩所でも飲食可。営業時間は11時から17時まで(土日祝は19時まで)

生ビールの他、麺類、天丼、ソフトクリームなどもあります。

レストラン

ホテル宿泊者の食事会場であるレストランですが、一般客も17時からラストオーダーの20時までの間利用できます

火曜日と土日祝日には11時30分から14時までランチ営業もしていますよ!

道の駅 縄文ロマン南かやべ(縄文文化交流センター)

キャンプ場からほど近くにある道の駅です。道の駅自体にはそれほど見るべきところはありません。小さな売店があるのみです。

併設されている縄文文化交流センターには、北海道唯一の国宝「中空土偶」が展示してあります

入場料

縄文文化交流センターの展示を見学する場合には利用料が必要となります。

一般300円
学生・生徒・児童150円
未就学児無料

memo

団体割引や、函館市民の割引もありますの、詳しくは公式サイトをご確認ください。

縄文文化交流センターでは色々な種類の体験コーナーやオリジナルグッズも販売していますよ!通常は数種類の体験メニューがありますが、2021年5月現在はコロナウィルスの影響で2種類のみとなっています。

まとめ

南茅部河川公園は、キャンプ場としては普通の公園レベルですが、周辺には温泉もあり、縄文文化を学べる施設もあり、近くには釣りができる港や磯遊びのできる海岸もあり!道南方面にお住まいの方、または道南方面になにかしらの用事があるならばそのついでに寄る方などには選択肢の一つになるキャンプ場になるかもしれません。

しかしながら、トイレや公園の整備状況の観点から、ファミリーキャンプに適しているとは言い難く、ましてや母子キャンには全くお勧めできません…。逆に言えば、ベテランファミリーキャンパーの方なら楽しく過ごせるキャンプ場ではないでしょうか?

無料キャンプ場の中にはもっと我が家向けのキャンプ場もあると思いますので、ファミリーキャンプにも私的OKサインの出るような場所を発見してみたいと思います!

サチ
サチ

無料キャンプ場発掘にはまりそうな予感がするような、しないような…そんな今日この頃です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です