【道立オホーツク公園てんとらんど】子供が大好き!大型遊具があるリピート必須の高規格キャンプ場【紹介編】

こんにちは!ファミリーキャンプ大好きサチです!

サチ

9月の連休に2泊3日でキャンプしましたが、今回は2泊目におじゃました網走市のてんとらんどの紹介です!

1泊目は上士幌航空公園キャンプ場でした!

【上士幌航空公園キャンプ場】十勝観光の拠点に最高の立地!自由でゴミの受け入れが寛容な穴場のキャンプ場【紹介編】

実は我が家はてんとらんどは、これで3回目の宿泊。

子供達も大好きなキャンプ場です!

何度もリピートする理由を含めて、今回は徹底解説していますので、ぜひ最後までお付き合いください!

====================
ブログを書くモチベーションアップのために
ランキングボタンを押してくれると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

道立オホーツク公園てんとらんど 概要

所在

099-2422 北海道網走市八坂1番地

アクセスと周辺情報

道立オホーツク公園までは、札幌から道央道および旭川紋別道を経由して4時間半ほどです。

高速道路が遠別まで来てからぐっと近くなった気がしますね。

ちなみに今回我が家は道東道経由で十勝で一泊してから、一般道で陸別~津別と抜けて行きました!

 

道立オホーツク公園周辺は、流氷館や北方民族博物館、そしてかの網走監獄も目と鼻の先にあって、網走観光の拠点にはもってこいの立地です。

ほんの少し足を伸ばせば知床もすぐそこ、北上すればサロマ湖や紋別も…

ただただドライブをするだけでも楽しくなってしまいます。

 

また、買い物に関しても網走は大きな街なので、車で10分も行けば大型のスーパーがいたるところにあるので現地調達でも全く困らないのが嬉しいですね\(^o^)/

我が家も今回は2泊目ということもあり、全ての食材を網走市街で調達しました!

予約方法

予約はネット予約が便利です!

てんとらんどのサイトから、予約状況が確認でき、予約もできます。

リアルタイムの予約状況が確認できるので、とても便利です!

てんとらんど公式サイト(予約ページ)

フリーサイト以外は空いている区画も確認できて、自分の好きな区画を選択できます

また、繁忙期はキャンセル待ちもできて、アラート設定をしておくと登録しているメールアドレスにお知らせメールを送信してくれるので、直前のキャンセルをすぐに察知できます◎

 

インターネット環境がない場合は電話でも受付けてくれます。

電話番号:0152-45-2277(道立オホーツク公園)

開設時期と時間

  •  開設時期
    • 4月下旬~10月中旬
  •  チェックイン・アウト
    • チェックイン 13:00~19:00(ロッジは14:00~19:00)
    • チェックアウト 8:00~11:00

※19時以降のチェックイン、8時以前のチェックアウトについては要連絡

料金体系

シーズンによって3つに区分けされ、施設利用料と施設維持費がそれぞれ徴収となります。

(施設維持費×人数分×日数分)+(施設利用料×サイト数×宿泊日数)=合計料金

料金表

シーズンカレンダー(2020年)

  •  オンシーズン
    • 7月~8月の全日
    • ゴールデンウィーク
    • シルバーウィーク
  •  ショルダーシーズン
    • 7月~8月以外の金曜日・土曜日
  •  オフシーズン
    • オンシーズン・ショルダーシーズン以外の日

その他

上記の情報は2020年9月24日現在のものです。

随時変更等もあるかと思いますので、詳細は公式サイトでご確認くださいませ。

公式サイトはこちら → 北海道立オホーツク公園てんとらんど



道立オホーツク公園てんとらんど 施設とルール

次に、場内の紹介とルールなどについて解説します!

全体図

(公式サイトより)

キャンプ場だけでもかなり広大な敷地となっています!

センターロッジ

(受付側)

(ドッグラン側)

営業時間:6:00~21:45(コロナの影響なのか、私が利用した2020年9月の連休は7:00~の営業でした)

まずはこちらで受付をします。

2020年度はコロナの影響もあり、申込用紙に専用の記入所で記入して、受付窓口へ提出という流れになっています。

チェックアウトの際も、ロッジ前のボックスに車両の許可証などを入れていくスタイルです。

売店

小さいスペースにちょっとした物を売っています。

今回はこちらで薪を購入!

この薪が、大きめから小さめまで入っていて、非常に使いやすかった!量も一晩にはちょうど良くって500円♡おすすめです\(^o^)/

アルコールや食料品などは置いていませんでした。

トイレ

後述するテントサイトと違い、和式中心のトイレ。

実際テントサイトからここまでトイレのために来ることはないと思いますが…

シャワー室

てんとらんどでは、シャワーが無料で利用できます。

日帰り温泉まで少し距離があるので、これは嬉しいですね!

コインランドリー

朝9時からしか使用できなくて困りました…

ゴミステーション

てんとらんどでは、ごみは有料のゴミ袋を購入して、分別した後にゴミステーションで受け入れてくれます。

2種類の大きさがあります。

ガスボンベやも受け入れてくれるので、とても助かりますが、テントサイトからセンターロッジ裏のゴミステーションまで運ぶのが結構大変です💦

係の方がゴミステーション前で受取をしてくれますが、時間外でも所定の場所に捨てることができるので安心ですね!



ドッグラン

センターロッジの前には広々としたドッグラランもありました!

といっても、私は犬を飼ったことがないので、これが本当に「広々」としているのかは実はわかりませんが…。

プライベートサイト

てんとらんどのサイトは、とにかく広くて芝生もふかふかでとても気持ち良いです!

公式では10m×10mとなっています。

駐車場スペースが別途ありますが、こちらがお隣のサイトと同じスペースなので、大きい車同士だとちょっと窮屈に感じます。

もちろん普通車同士だと十分な広さです!

 

P2

トイレ至近。

ちょっとトイレが近過ぎ感ありますが、良い木があってハンモックに良さそうでした。

 

P3方面

P3~P6は、道路を挟んで向かいの空き地でフリーサイトと区切られています。

高低差もあり、あまり視界的に干渉しません。

P3、P4の向かいにはハンモック用の良い木がありました。次回はここにしたいな~。。。

 

P8方面

P6、P7、P8はトイレ利用者がサイトの中を横切ってたので落ち着かないかも…

案内図では分かりづらいですが、P20~13のサイトとP3~P8のサイトは結構な高低差があります。

 

P10~P11

 

P12

まぁとにかく広々としています。




 

電源(100V15A)とシンクは駐車場に。

お隣と一体化してるので若干気まずいです💦

フリーテントサイト

てんとらんどで電源を必要としない場合は、断然フリーテントサイトがおすすめです

フリーサイトといっても完全予約制で、22台全ての車両をサイト脇に駐車できます。

上段

下段

電源なしのオートサイトのように使用できます。

上下で高低差があり、おすすめはトイレ側の上段

遮るものが何もなく、知床半島を一望できます!!

キャンピングカーサイト

駐車スペースが広々としているキャンピングカーサイト。

C5

C6

テントサイトは公式では10m×10mとなっていますが、少しプライベートテントサイトより狭く感じました。

傾斜も少しあるように見えます。

電源とシンクは各サイトにあるので、そこはキャンピングカーサイトのほうが使い勝手が良いですね。

シンクが各サイトにあるので、お湯の利用以外では使用することはないと思いますが、炊事棟からは結構距離と高低差あり。

また、トイレまでも高低差があります。

ロッジ

ロッジは高低差があり3段に分かれています。

1段目

眺望が素晴らしいです!

2段目、3段目のロッジからは綺麗に海側を見通せないです。

 

ロッジ側とテントサイト側は結構距離があります。

グループでロッジとキャンプサイトと分かれると、行き来が大変ですね💦

トイレ

プライベートテントサイトに2箇所あります。

フリーサイト側のトイレには車椅子用のトイレも有りました。

全て洋式、ウォシュレット完備でとても快適でした。

センターハウスより快適なテントサイトのトイレってあまりないですよね~素晴らしい!

炊事棟

炊事棟はプライベートテントサイトに1棟、フリーテントサイトに1棟それぞれ設置されています。

プライベートテントサイト側は各自シンクが完備されているので、利用者が少ないせいかぴかぴかでした。

お湯が使えるので、寒い季節は特にありがたいですね。

炭捨場

キャンピングカーサイト、プライベートテントサイト、フリーテントサイトそれぞれに設置されています。

バーベキューハウス

テントサイト利用者はバーベキューハウスも利用できます。

日帰りでも利用できますよ!

わんぱく広場

道立オホーツク公園には大規模遊具のあるぼうけんの森があるので、あまり利用者はいないと思いますが、ちいさな遊具広場もあります。

テントの設営中、子供だけで大型遊具の方まで行かせるのが不安な場合はこちらで遊ばせておくと良いですよ!

ぼうけんの森・ころころひろば

てんとらんどといえば、子供が大好きなぼうけんの森の大型遊具です!

テントサイトから、森の中を抜けていくと…

案内通りに進むと…

 

遊具広場に出ます!

私達が訪れた日は、シルバーウィークの天気の良い日だったので、ものすごい沢山の子供達で溢れかえっていました!

小さな子から小学生高学年くらいの子達まで、いろいろな年齢の子供達が楽しそうに遊んでいました。

うちの子供達も飽きずに何時間もぼうけんの森で遊んでいましたよ!

 

今回は未訪問ですが、ぼうけんの森のキャンプ場と反対側には、オホーツク公園のセンターハウスがあり、屋内遊戯場「ころころひろば」もあります!

雨の日でもしっかり体を動かすことができますし、屋外ではまだ心配な小さなお子さんも遊べる遊具もたくさんあります。

まだブログを書いていなかったので、今よりひどいスナップ写真ですが、前回訪問時の写真を少し掲載します↓

まとめ

道立オホーツク公園てんとらんどは、とにかく広々として清潔な施設と、子供が喜ぶ大型遊具があり、子連れキャンプにはとってもおすすめです!

我が家にとっては、温泉が徒歩圏にない、クワガタが捕れない(ガイドブックには捕れると書いてあるけど、夫によると「イマイチ」らしい笑)、札幌から5時間!という、あまり条件的には良くないにもかかわらず、子供も「毎年来たい!」というほどお気に入りのキャンプ場です\(^o^)/

それほど子供には大型遊具は魅力的であり、我々親にもこの壮大な知床半島を一望できるロケーションは最高だと思います。

ぜひ一度訪れてみて下さい!きっと気に入ってもらえるはずです♡

=====

今回、混み合っているキャンプ場で撮影した写真をブログ内で使用しております。

プライバシーには十分に配慮しているつもりではありますが、不都合等ございましたらお手数ですがツイッターまたはお問合せフォームよりお知らせ下さい。

大変申し訳ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です