北海道のキャンプ場一覧はこちら

【おすすめ公園テント】ポップアップテントじゃ難しい!本当に簡単に設営撤収できるのはこれ!【Go Glamping簡易テント】

皆さんはポップアップテント、持っていますか?

私、買ったばかりのポップアップテントを試しに広げたきり二度と元にもせずに、むりやり車に積んでそのまま処分所に捨てに行った過去を持ちます(トラウマ)。


そして、次に買ったのはワンタッチテント。

これは設営も撤収も簡単です!…でも、使っているうちに1本、また1本と骨が外れ、折れ、だんだん組み立てが困難になってきました。

サチ
サチ

ポップアップも駄目、ワンタッチもすぐ壊れる!一体公園テントは何を買えばいいの?

そんな時にAmazonで出会ったのがGo Glampingの簡易テント です!

この記事では、実際に私が購入して使用してみたGo Glampingの簡易テント について紹介していきますので、どうぞ最後までお付き合いください!

====================
ブログを書くモチベーションアップのために
ランキングボタンを押してくれると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

Go Glamping 簡易テント

一言でいえば、Amazonにありがちな中華系のアレです。

Colemanとの比較

多分Colemanのこれに…イマジネーションを受けたのではないでしょうか??

Amazonのレビューを比較しても、Colemanだから製品がGo Glampingよりも素晴らしいというわけではなさそう。

縫合の甘さとか、穴が開いていたりポールの不具合なども、この価格帯の非宿泊用テントならば「あるある」なことなので、あとは見た目の問題くらいでしょうか?

そして、お値段が今見たらびっくり、Colemanに後継が出たからなのか、このモデルはかなりお安くなっていて、お値段の差が1,000円未満になっていました…


ただ、実はGo Glampingの方が長辺が10㎝長く、高さがなんと15㎝も高いんです!

居住性から考えると、比べるとかなりゆったり感が出てくる差になっているので、使い勝手で考えればGo Glampingに軍配が上がるのではないでしょうか?


ちなみにColemanの後継。

お値段ぐっと上がるけど、めちゃくちゃ遮光性が良くなっていて、テント内は真っ暗になります。

良い天気の海なんかはかなり重宝するのではないでしょうか?

設営してみる

では早速設営してみます!

テントはとてもコンパクトに収納されています。


中にはテント本体とポール、それにペグが同梱してあります。ハンマーはなしですが、果たして公園テントにハンマーは必要か?否、私は手でぐいぐい押し込みました。


まず、テント本体を広げます。


それから、二本のポールを組み立てて、それぞれクロスさせるようにスリーブに差し込んでいきます。


ポールはスリーブの中で交差するようになっていますが、こちらで深く考える必要はありません。とにかく入れてやると自然とクロスするようになっています。


ポールを刺した後は、四方にあるピンにポールの先端をはめ込むだけ。


宿泊テントのように力が必要なこともなく、さくさくっとテントが自立します。

自立したあとは、ポールに本体のフックを引っかけるだけ。

簡単に設営が完了してしまいます!慣れてくると本当に5分もかからないんじゃないかな?

撤収はこの逆をたどればよいので、こちらもあっという間ですよ!

内装など

まず窓ですが、長辺の窓はふたつともメッシュがついていて、フルオープン、二面メッシュ、フルクローズになります。


メッシュには構造上当然ではありますが内側のチャックからしかできません。

メッシュは結構しっかりしています。


ダブルチャックなので、周囲の目は気になるけど暑くて風通しは良くしたいというときは、このように上部だけ開けてメッシュにもできるのでとても使い勝手が良いですよ


きちんと収納するベルト(紐)もついています。


フルオープンにする際にもきちんと紐があって収納できるのが嬉しいです!


短辺のまだはメッシュはついていません。ただ、こちらも窓の空き具合を自分で調整できるので、虫がいない場所ではうまく使えるのではないでしょうか?


そして、天井にはランタン用のフックが付いています

これは夜に使用するユーザーには嬉しいですね!レビューを読むと宿泊に使用している方もいらっしゃったので、重宝すること間違いなしです。


下のシートも割としっかりしています。

使用感

今回は大人一人、小学生低学年二人で使用しましたが、とにかく広いです!

3人でゆったり休憩することができました。もう一人大人が増えても十分なスペースがあるので、家族で使うにもぴったりですね。

ポップアップテントは上方が結構狭まってくるので、窮屈な感じがあるんですが、それが全くない。その差は大きく、かなりリラックスして過ごすことができましたよ!


そして、なにより設営も撤収も楽ちん

もちろん設営に関してはポップアップテントの方が当然楽ですが、あの辛く厳しい収納作業をしなくてもいいというのは、不器用な私にとっては天国のようでした。

ワンタッチと比べると、設営も撤収もこちらのスリーブ式テントの方が楽でしたね。

構造も単純なので、簡単には壊れなさそうなのも嬉しいです。


今回テントの中に使用したレジャーシートはこちら。

サイズ的にもドンピシャでした!

ちなみに、このレジャーシート、同じ公園で2組の方が使っていました…人気だったんですね、知らなかった~。

そんなに広い場所でもなかったのに、うちも入れたら3組同じレジャーシートでちょっと恥ずかしかったです。。。

まとめ

結論からいうと、Go Glampingの簡易テントは公園用テントとしてはかなり優秀なテントです!

同じ値段でもっと大きいものもあるけど、これ以上大きいと公園でちょっと目立ってしまいそう。

ポイントとしては

  • 設営撤収が楽
  • フルオープン、メッシュ、フルクローズができる
  • 風に強い
  • 構造が単純で丈夫

といったところでしょうか?


ポップアップテントの撤収に不安がある方、ワンタッチテントはすぐに壊れるのが不安だと感じている方には特におすすめのテントですよ!

競合製品のColemanシェードスクリーンよりも広々したサイズ感も魅力です!

サチ
サチ

以上が私の購入・使用のレポです!

ご購入の際の参考にしていただければ嬉しいです♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です